都城の不動産/三股の不動産
物件検索/search
今富不動産 営業ブログ
投稿日時: 2020.10.14 (74 ヒット)

 

私たちは色々な形で投資をしています。

投資なんて興味ないし、
全くしていない、
そう考える人も実は投資しています。

保険に入っていますか?
と聞かれたら大抵の人は 
入っていると答えるでしょう。


保険も金融商品の一種なのです。


他にも銀行預金や、マイホームなども
資産として分類されます。

例えば銀行に預金したら利息を受け取ります。
今は超低金利なので、
地方銀行の預金金利は0.001%くらいです。

ネットバンキングでは、高いところで
預金金利が0.5%あるところも存在します。


これは私たちの大切なお金を
銀行に預けることの対価として受け取るものです。

日本人は「銀行にお金を預ける」と表現しますが、
海外では「銀行にお金を貸す」と表現します。


より条件の良いところに
お金を移すのも資産形成の手段となります。

日本と米国の家計金融資産の比較を見てみると
20年間でどのくらい資産が増えているのか見てみましょう。

 



日本 1.54倍
米国 3.32倍
約2倍も違いがあります。

なぜこんなにも違いが出るのでしょうか?

日本人は預金の割合が高く
資産の51.7%を現預金として保有しています。

 

米国の現預金割合は13.7%です。
 
米国では、預金をするのではなく、
株や投資信託として運用しています。

よりお金を働かせることができる
株や、投資信託を積極的に保有しています。


資産の置きどころを見直すだけで、
老後の長生きリスクにも備えることができます。


米国のパッシブ運用での投資信託の
平均リターンは年10%ほどあります。

退職金を2000万貰った人が
毎年200万使うと10年で退職金は無くなります。

2000万円を年10%で運用すれば、
運用益だけで、毎年200万円受け取れます。

何年受け取れるか?
運用が順調であれば、ずっと受け取れます。

しかも元金の2000万円には手をつけていません。

どちらがいいでしょうか?

お金の知識があるかないか、
知っているか、知らないか、
それだけの差で生活は全然違ってくるのです。


5年、10年後に気付くか、
これから行動に移すか、
未来に向けた資産形成を
今から始めましょう(^^)

 

 

 

 

 

セミナー情報

『知らないと損するお金の話~~』

 

■内容

 知っているのと知らないとでは、

 一生涯で数千万円の差が出る『知らないと損するお金の話』

 

 を開催します。

 

 ◆こんな方にオススメ 

 

 ◎現在の支出を削減したい人 

 ◎資産形成に興味がある人 

 ◎資産運用に興味がある人 

 ◎資産保全に興味がある人 

 お金の効率的な増やし方、

 貯め方を詳しく知りたい方 

 

 ※特定のビジネスの勧誘を勧めるものではありません 

 

 

【11月、12月セミナー情報】

●11/15(日)

 19:00~21:00

 

●11/28(土)

 10:00~12:00

 

●12/20(日)

 15:00~17:00

 

●12/26(日)

 19:00~21:00

 

 

■会場

zoomでのオンラインセミナー

自宅や仕事場など、

好きな場所で受けることができます。

 

 

■参加費

⒊000円

(2回目以降500円)

 

※口座振込

※申し込み頂いた方に順次口座情報をお伝え致します。

 

参加ご希望の方はお問い合わせフォームもしくは電話にて

お気軽にご連絡下さいませ。

完全紹介制となっているので、予約が必要です。

 


投稿日時: 2020.10.14 (81 ヒット)

 


先日、相続診断士の定例会がオンラインでありました。
私は相続診断士でもあります。

相続診断士「相続」を「争族」にしない為に、
笑顔で相続を迎えるお手伝いをする相続に関する資格です。

・実家を相続して、売却したいが他の兄弟が反対している
・親が遺言を残していなかったので、兄弟間で話し合いがまとまらずに、仲が悪くなった
など、不動産の仕事では相続の話は日常茶飯事です。

相続対策というと一般的には、
相続税対策をイメージされる方が多いのではないでしょうか?

お金持ちの問題だから、
うちには関係ない、
そう考えてる方も多いのではないでしょうか。

ここに興味深いデータがあります。
相続問題で揉めて、家庭裁判所に持ち込まれる件数は
年間18万件もあります。

 



その中で相続資産5,000万円以下の紛争割合は
実に74%になります。
  
1,000万円以下の紛争割合は31.9%

相続財産が少ない家庭でも多くの遺産トラブルが発生している、
ということです。

ちなみに相続財産はお金だけではなく、
金融資産や、不動産も含まれます。

お金はないけど、実家の不動産がある場合に
相続人が3人いたらどうなるでしょう?

よくあるケースを紹介します。

実家には長男夫婦が住んでいます。
父親が数年前に他界し、それ以来ずっと母と同居しています。


母が亡くなり、財産分与の話になります。
もちろん、長男は住んでいるので今まで通り住みたい、
しかしながら、他の兄弟に分けられるお金はない、

不動産を売ってお金にし、皆で平等に分けるか、
長男がお金を用意して、他の兄弟に支払うか、
ということが想定されます。


このような話は全国各地で起こっています。
相続がきっかけで兄弟間の仲が悪くなるケースも
少なくありません。

人間は必ずいつか亡くなります。
相続の対策をせずに亡くなった場合、
困るのは大切な家族です。

高齢化社会に突入し、認知症になるリスクもあります。

認知症になると、適切な意思表示ができないために
自分の持っている不動産を売ることすらできなくなります。


契約は本人が意思表示できることを前提として行為であるので
本当に売る気があるかないかわからない本人を守るためでもあります。

もちろん、
公正証書遺言を作成しようとしても認知症では受け付けてもらえません。

早めの対策が残された家族へのプレゼントになります。

 

相続を争続にしないために、

信頼できるパートナーに相談しましょう。

 

今富不動産には、

相続の専門知識を持った行政書士のスタッフもいます。

 

相続で困ったこと、

不動産で困ったことがあればお気軽にご相談ください。

 


投稿日時: 2020.10.14 (63 ヒット)


 

面白そうな本があったので、購入しましたっ☺️

学生の頃は読書が好きではなく、漫画ばかり読んでいました。

スラムダンクやドラゴンボールみたいな漫画が大好きで、
テスト前になると、

スラムダンクの山王戦を決まって読み始め
最後に桜木が流川とハイタッチするとこを
何度も読み返して現実逃避していました 笑。

社会人になってから、本をよく読むようになりました。

将来は資産家になりたいと
投資や資産運用、アパート、マンション投資の本をたくさん読みました。


ロバート・キヨサキ氏が書いた
「金持ち父さん、貧乏父さん」もその中の一冊です。

その中で紹介されている、大切な考え方があります。

金持ち父さんは資産を買い
貧乏父さんは負債を買う


資産とはポケットにお金を入れてくれるもの
負債とはポケットからお金をとっていくもの

資産の例として、収益を産む不動産、株、投資信託などの金融資産。
負債の例として、持ち家、マイカー。
が挙げられています。

金持ち父さんはお金を働かせて裕福になり、
貧乏父さんは自分で稼ぎます。

お金を資産に変えて、
資産から得られる利益を消費するのです。

お金→消費 ではなく
お金→資産→消費 とするのが◎


日本でもベストセラーになった良書なので必読です。

お金の教育は日本ではされていませんが、
海外では、お金の教育を積極的に行っています。

若いうちからマネーリテラシーを高め、
正しいお金の価値観を学ぶことは、
人生にきっと役に立ちます。

 

 

 

 

 

セミナー情報

『知らないと損するお金の話~~』

 

■内容

 知っているのと知らないとでは、

 一生涯で数千万円の差が出る『知らないと損するお金の話』

 

 を開催します。

 

 ◆こんな方にオススメ 

 

 ◎現在の支出を削減したい人 

 ◎資産形成に興味がある人 

 ◎資産運用に興味がある人 

 ◎資産保全に興味がある人 

 お金の効率的な増やし方、

 貯め方を詳しく知りたい方 

 

 ※特定のビジネスの勧誘を勧めるものではありません 

 

 

【11月、12月セミナー情報】

●11/15(日)

 19:00~21:00

 

●11/28(土)

 10:00~12:00

 

●12/20(日)

 15:00~17:00

 

●12/26(日)

 19:00~21:00

 

 

■会場

zoomでのオンラインセミナー

自宅や仕事場など、

好きな場所で受けることができます。

 

 

■参加費

⒊000円

(2回目以降500円)

 

※口座振込

※申し込み頂いた方に順次口座情報をお伝え致します。

 

参加ご希望の方はお問い合わせフォームもしくは電話にて

お気軽にご連絡下さいませ。

完全紹介制となっているので、予約が必要です。

 


Main menu
Blogカレンダー
<  November 2020  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
blogカテゴリー

都城市・三股町の
不動産を売りたい方

査定します!!

都城・三股の不動産をお持ちで、遠方にお住まいの方もお気軽にご相談ください。

メール・お電話にて評価額お伝えできます。

会社案内/About Us

今富不動産

宮崎県都城市都北町5467-2
TEL/FAX:0986-38-3727
宮崎県知事(12)第2050号

[google Map]

営業時間:10:00~18:00
定 休 日:不定休