都城の不動産/三股の不動産
物件検索/search
今富不動産 営業ブログ
お知らせ

なぜ今、お金に働いてもらう必要があるのか?~未来に備えるために今すぐ始めるべきこと~

投稿日時: 2020.11.03 (140 ヒット)

 

人生100年時代と言われる現代、
私達には主に3つのリスクがあります。

 

 ①長生きリスク
 ②インフレリスク
 ③円安リスク

 

順番に考えてみます。


①長生きリスク
元気に長生き出来れば最高ですが、

長く生きるということは、

生きるためのコストが
必要となってきます。

 

老後資金はいくら必要なのか、
少し前に老後2000万問題という
のが話題になりました。

 

生命保険文化センターによると、
60歳で定年を迎えて夫婦2人で生活するには、
約30万円/月必要となっております。

 

85歳まで生きると仮定します。


60歳から85歳までの25年間で
必要となるお金

30万×12ヶ月×25年=9,000万円です。

もちろん貰える年金もあります。

 

年金額は現役世代の年収の約半分程度なので、
年収400万の方なら年金は200万になります。

 

200万×25年=5,000万

 

不足額は4,000万円です。

 

4,000万というのは夫婦2人分の不足額なので、
一人当たり2,000万円の老後資金が不足します。

 

もちろん人それぞれ生活にかかるコストや

価値観が異なるので、

こんなに必要ではないと感じる方も
いるかと思います。

 

病院に行く回数が増えたり、
もっと長生きして100歳まで生きるとしたら
とても2,000万円でも足りない気もします。

 

②インフレリスク
物価の上昇の問題があります。


日本政府の目標としている、
年2%のインフレが起これば、

持っているお金の額は同じでも
買える物の量が
どんどん減ってしまいます。

 

例をあげると、
現在100万円で買える車があるとすれば
5年後にはその車の値段が110万4,000円に値上がりします。

 

たった5年で10万も値段があがると
なんだか損した気分ですね

そうならない為には、
最低でも年2%以上でお金を働かせる必要があります。

 

③円安リスク
私たちは不動産、預貯金、保険、
株、投資信託などの金融商品など
色んな物に形を変えて資産を保有しています。

 

例えば不動産投資をしている人なら
多くの不動産を所有しているかもしれません。

 

家族がたくさんいて、
万が一のために多くの保険に加入している人
もいるかと思います。

 

しかし、日本人は資産の大半を
日本円で保有しています。


今後少子高齢化が進み、人口が減って行きます。
人口が減ると、

物を消費する絶対数が減り、

企業の売り上げも減ります。

 

その結果、経済成長が困難になり、日本の国力が衰え、
結果として円の価値が下がる可能性が高いです。


過去に人口が減少して経済成長した国はありません。

 

日本に住んでいるとイメージが湧きませんが、
これは危険な事です。

 

仮に円の価値が30年後20%下がったら、
今1,000万円の資産があっても
30年後は800万円に減ってしまいます。

 

世界の基軸通貨の米ドルは流通量が約50%
日本円の流通量は約5%です。

 

円の価値が下がれば、米ドルの価値は上がり、
米ドルの価値が下がれば、日本円の価値は上がります。

 

資産の全てを日本円で持つのではなく、
通貨を分散させて、リスクヘッジしましょう。

 

ただ、外貨建て保険のように
一括払いで米ドルに変換するのは危険です。
ギャンブルをするようなものです。

 

今が良いタイミングかどうかは神のみぞ知ることです。

 

今が買い時かどうかわからないので、
ドルコスト平均法という取得単価を下げる方法で
少しずつ円をドルに変換することをおすすめいたします。


3つのリスクを考えてみましたが、
リスクがあるのは、当たり前のことです。

 

大切なのはどう備えるか、です。

 

資産家と呼ばれる人々は
お金のルールを学び
着実に資産を増やしています。

 

例えば500万円お金をもっていて、

車を買う場合
500万→車
という流れが一般的です。

 

これは、
お金→消費 ということです。

 

 

資産家は、
500万→資産→資産から得られる収益→車
お金→資産→収益→車
という流れで買います。


お金を稼ぐ資産に変えてから、
そこから得られるお金により、
物を買う方法をとっています。

 

これにより、お金を減らさない買い方が出来ます。

 

当店で不動産を買われるお客様には、
住宅を購入する際に、
頭金がある程度ある場合には、
頭金はなるべく入れない方が良いと伝えます。

 

頭金を資産に変えて、
そこからの収入で住宅ローンを支払うという方法があります。

 

そうすることで、当たり前に頭金を払うより
はるかに楽に家を購入できます。

 

お金に関する情報を知っているか知らないか、
それだけで日々の暮らしが楽になります。


老後資金を準備するにしてもお金を働かせると
楽に準備できます。

 

仮に今35歳で60歳までの25年間で、
複利運用するとします。


毎月3万円を25年間積立による資産形成をします。
支払ったお金は900万円(3万×12ヶ月×25年)

 

お金を働かせてリターンを得られるところに資産を置くと
利回りにより、増え方が違います。

 

利回り   0.1% → 911
             1.0%   →   1,022
             3.0%   →   1,338
             5.0%   →    1,786
            7.0%    →    2,430 

 

長期的な時間をかけることで、資産を作ることが可能です。

仮にもう少し早い時期からする場合ではどうでしょう。

 

30歳から60歳まで30年間同じように運用し、資産形成すると
支払ったお金は1,080万円(3万×12ヶ月×30年)


利回り    0.1%  → 1,096
             1.0%   → 1,258
             3.0%   →    1,748
             5.0%   →   2,496
             7.0%.  →   3,659

 

支払ったお金は180万円の違いですが、
5年間長く運用することで、
金額が多く増えることがわかります。

 

資産額=金額×期間×利回り

 

となり、資産形成に使える金額が同じであれば、
期間と利回りを意識することで
資産額を増やせます。

 

 

反対に言うと、
銀行預金で毎月3万円積み立てしても
30年後に1,080万円が1,096万円にしかなっていないので
全く資産形成にはなりません。

 

同じ期間、将来の為にお金を準備するなら、
増えるところにお金を置く方が良いでしょう。

 

金融先進国のシンガポールでは、
55歳以下の労働者は収入の20%、
雇用者は17%を拠出し、
収入の1/3以上を積み立てる仕組みになっています。

 

積み立てたお金を複利で運用し、
老後には資産が1億円あるのが一般的です。


1億円資産があれば、資産運用して年7%のリターンが得られたら、
それだけで年700万円になります。

働かなくても豊かな生活ができます。

 

また、退職金をもらってまとまった収入がある方もいますが
不動産業をしていると
退職金で住宅ローンを一括返済したと言う話をよく聞きます。

 

住宅ローンの利率は年1%程度なのでもったいないです。


退職金が2,000万ある方なら、
年7%ほどの運用でも
毎年140万のリターンがあります。

 

それで月々の住宅ローンの支払いをすれば、
2,000万の元金には手をつけずに返済できます。

 

 お金→資産→収益→消費 

 

この順番を守って、
賢いお金の使い方をしましょう!!



Main menu
Blogカレンダー
<  January 2021  
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
blogカテゴリー

都城市・三股町の
不動産を売りたい方

査定します!!

都城・三股の不動産をお持ちで、遠方にお住まいの方もお気軽にご相談ください。

メール・お電話にて評価額お伝えできます。

会社案内/About Us

今富不動産

宮崎県都城市都北町5467-2
TEL/FAX:0986-38-3727
宮崎県知事(12)第2050号

[google Map]

営業時間:10:00~18:00
定 休 日:不定休